スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆キリンウォーク

2010-09-13-Mon-10:12
キリンは、右前足と右後足が同時に出て歩くんですよねぇ~


アンドレも同じです^^;
右前足と右後足が同時に出ているでしょう~
100912-1.jpg

完璧な(笑)【側対歩】です。
ショードッグだと【側対歩】は大きな欠点になるそうです。
(犬種によっては側対歩が正常という場合もあるようですが・・・)。

逆に左前足と右後ろ足が同時に出るのがトロット歩様です。
キャンディは、ゆっくり歩いてもリズミカルなトロット歩きです。
100912-3.jpg

見た目のバランスが悪いけど、「ドッグショーに出すわけじゃないから、ま、いいっかぁ~!」
なぁ~んてお気軽に考えていたけれど、問題発生です。

【側対歩】は、体の左右の揺れが大きくなる分骨格にひずみが生じやすく、
持久力がなかったり、疲れやすかったりする事もあるとか・・・

確かにアンドレは、長時間の歩きのお散歩が苦手です。
20分が限度で、それ以上、歩くと腰が下がってきます。

膝が原因かな?と思っていたけれど
【側対歩】も原因のひとつかもしれませんねぇ~

ドッグダンスでも脚側が綺麗に出来るワンコは、目を引きます。
アンドレもドッグダンスを始めた以上、綺麗な脚側を目指しています。
綺麗な脚側であっても【側対歩】では意味がありません。
kuro先生にも治したほうが良いと言われたし・・・

長年のクセを変えるのは人間でも辛いし可哀相かと思いましたが、
正しい歩き方にしたほうが体にも良いですよね?
人間でも正しいウオーキングを意識する事で姿勢が良くなり、
内臓への負担もなくなるって事がありますからねぇ~

脚側練習のほかに【側対歩】克服メニューも取り入れることにしましたぁ~♪
自転車引きが、効果的のようだけど、
固いアスファルトの上を走らせられないアンドレなので悩みます。

でもね。。。スピードがつくと、アンドレもトロット歩きしてるんですよぉ~♪
100912-2.jpg

きっと、この歩き方のほうが楽なんでしょうねぇ~
これを利用して、お散歩時は、少し小走りにしてみようかな?
と言っても、私の体力が追いつけないですぅ。
さて、困ったぞぉ~
良い知恵は、ありませんか?

ボクも頑張るから、ママはもっと頑張ってくだしゃいね♪
100912-4.jpg

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。